山梨県在住・出身のハンドメイド作家とその手作り作品・雑貨を日本全国に紹介・販売するサイト

丸山農園工作室(丸山 博亮)木工家具・雑貨

丸山農園工作室(丸山 博亮)木工家具・雑貨
大きな家具から小さなインテリア小物まで「丸山農園工作室」
丸山農園工作室 作品丸山さんは、木製家具の設計・制作をしている作家さんです。しばらく長野県の方へお住まいでしたが、2014年の春から地元山梨市で「丸山農園工作室」という名の工房をはじめました。「農園」とつくのはご実家が果樹をメインとした農園をされているから。
東京の内装会社で働いたのち、もともと建築や木工に興味があったこともあり、自分の手でものづくりをしてみようと考え退社。その後、長野にある家具の職業訓練校で学び、長坂の工房で経験を積み、独立への道を辿りました。
現在おもに作っているのはテーブルや椅子、棚などの置き家具と言われるものがメイン。
大きなものはオーダーメイドで作ることが多いとのこと。
また、スツールなどの小さめの家具や、トレー、カトラリー、一輪挿しといった小さなものも作っています。
家具を作るときにでる端材まで無駄にしないためでもあるし、なにより大きいものも小さなものも、いろいろ作っていきたいんです、とお話しくださいました。
大きな家具は現物が残っていないので写真で拝見しましたが、テレビラックや食器棚など、シンプルなデザインが洋風にも和風にも使える雰囲気です。
そしてこれから作品のラインナップへ加えていきたいものもたくさんあるようで、まずは机周りのもの。ブックエンド、本棚、ペンスタンドのような小物などを考えているところだとか。
そして、登山がお好きだという丸山さん。アウトドアで使えるような家具、たとえば折りたたみできる椅子やテーブルのようなもの。登山やキャンプにかぎらず、ちょっとしたピクニックなどでも気軽に使えるようなものを作りたいそうです。これらも現在デザインや設計を考えていらっしゃるとのことです。どんなものができるかとても楽しみですね。
大きな家具作りにはかかせない木工用機械たち
丸山農園工作室 作品農園の作業場として使われていたところを改装したのが、丸山さんの工房です。
作業しやすいように床や作業台なども丸山さん用にアレンジされているようでした。
取材にお伺いしたときはまだ改装のまっただ中ではありましたが、それでもノコギリやカンナの他、木工用の大きな機械が何台も入っていました。
これだけの設備をおひとりでそろえるのは大変だったのでは?と伺うと、本当はまだ全然たりないんです、あと5台ぐらい欲しい機械がある、と苦笑い。
ただ、取り揃えた機械についてはきちんとしたものを、とのことで、中古ですがすべての部品をばらしてオーバーホールし、新品同様に組み立て直してもらったものを購入して使用しているそうです。
すべての機械を一気に導入することはできないけれど、そのぶん揃えた機械はきちんとした状態のものを使いたいということで、購入したところには2年ぐらい前から通って、やりとりをしてきたのだとか。
まだ規模が小さいから最初からすべてを取り揃えるのは難しいけれど、少しずつ増やしていって、作品の幅も広げていければとおっしゃっていました。
制作過程では、作るものに合わせて材木のどこを使うかを決める木取りが一番難しいとのこと。
家具ひとつの制作工程としては、原木の板を仕入れ、木取り、加工、仕上げ、組み立て、塗装というのがおおまかな手順です。加工段階にはいればそこまで苦労はしないのだけれど、木取りまでが大変なのだそうです。最初が肝心ということですね。
国産の木にこだわった作品作りをしていきたい
丸山農園工作室 作品使用する木材については、オーダー家具を作るときなどはお客さんから木材を指定していただく場合もあるそうですが、丸山さんご自身としては、国産の木、それも山桜と栗を使った作品を展開していきたいのだそうです。
材木の仕入れは長野の材木屋さんから仕入れているのですが、そこの山桜と栗は盛岡のもの。そういった国産の木材で作品を作るというのもこだわっていきたい部分だとか。
山桜は、赤みのある色合いや木肌がいいのはもちろんのこと、ご実家である農園では桃の栽培をしているので、同じバラ科の木をつかっていたい、というのが大きな理由にもなっています。そしてゆくゆくは桃の木を使った作品も出せればと考えているそうです。
栗はその軽さが魅力。また、漆やオイルなど塗ってもとてもいい仕上がりになるのが気に入っているところ。
そして両方とも、扱いやすいのも大事なところです。大きな木材の加工は割れたり破片が飛んだりという怪我の危険性もあるので、丸山さんいわく「あまりやんちゃな木はあつかえない」のだそう。
そして何回家具を作っても、同じ木材で同じものを作っても、すべてが違う表情をもって出来上がるのが、木工の魅力です。また逆に、木材をみてこうしたらこうなるだろう、と予測して設計・加工をして、それに近づいた仕上がりになるのもまた制作の上での醍醐味。
お客さんとつくる、一生もののオーダー家具
丸山農園工作室 作品そして工房には納品日を近くに控えた、一枚板の大きなダイニングテーブルの天板と足が。
設置場所の問題で納品時にその場で組み立てるとのことで、完成図を見ることができませんでしたが、アメリカンチェリーで作られた一枚板の天板は迫力でした。
ものにもよりますが、ダイニングテーブルのサイズに見合った大きさの一枚板は、日本の木材ではなかなか仕入れられないそうです。同じ樹齢でも海外の木の方が大きく育っていたりするのだとか。今回は、カナダ産の木材を使用したそうです。
一枚板は経年によりほぼかならずゆがんだり、場合によっては割れもおこります。そのゆがみをいかにして抑えるかが課題。丸山さんはご自身で考えた、ゆがみにくく、またゆがんでも戻せるように工夫をしていらっしゃいました。
オーダーメイドの家具の場合は、依頼を受けてデザインなどを決める打ち合わせで1ヶ月、そこから制作、納品で1ヶ月ぐらいかかるそうです。
今回見せて頂いたダイニングテーブルをご依頼したお客さんはこだわりのある方でしたので、半年ぐらいのやりとりを経て完成に至ったとか。
また、そのテーブルは年を重ねるにつれて赤みを増していくそうです。色の変化もゆがみも、生きた木をそのまま使ったからこそ。その木だけが持つ経年変化を楽しむのも、オーダー家具のよさですね。
そのダイニングテーブルが、依頼した方のもとで末永く愛されるといいなと思いました。
オーダー家具の場合、家を建てたり、引っ越ししたりといったタイミングで大きな家具をご依頼されることが多いそうです。また、住まいのスペースにあった家具を探していたけれど見つからなかった、といった場合にオーダーされたりも。
制作はすべて丸山さんひとりでやっているのであまり大きなものはできないそうですが、作りつけ家具のオーダーも受注可能とのこと。
オーダー以外で作られた丸山さんの作品は、現在カフェ&ギャラリー富雪で展示販売もされています。置いてあるものはトレーなどの小物になりますが、什器として使用されているテーブルと椅子もあるそうです。気に入ったら購入することも可能。椅子などは座り心地がかなり重要な家具なので、実際に使ってみることができるというのはうれしいですね。 その他クラフトマーケットなども、年に2〜3回ぐらいは参加していきたい、とのことです。ホームページの開設も予定していますので、山梨で活動されていくこれから、作品を目にする機会も増えていくのではないかと思います。
プロフィール
山梨県山梨市出身
1983年生まれ
大学を卒業後、都内で店舗内装の仕事に従事。
退職後長野県で木工を学ぶ。
2013年 初個展(cafe&Gallery富雪)
2014年 山梨市にて丸山農園工作室立ち上げ
丸山農園工作室(丸山 博亮)
ブログ 丸山農園工作室 Facebookページ
< 前のページ
次のページ >
6件 [ 1-6 ]

おすすめ商品