山梨県在住・出身のハンドメイド作家とその手作り作品・雑貨を日本全国に紹介・販売するサイト

洋裁 碧i(鶴田 久美子)洋服・布小物

洋裁 碧i(鶴田 久美子)洋服・布小物
洋裁教室と手づくりの洋服、布小物「洋裁 碧i」
洋裁 碧i 作品鶴田さんは、洋服や布小物を作る洋裁作家さんです。2005年から、甲府市で「あおい洋裁」という洋裁教室の先生もやっておられます。
取材に伺ったのは、教室となっているお部屋。広々とした和室の趣が残る空間に、フレンチカントリーやアンティーク調の収納家具やずらりと並ぶミシン、各所に整頓された裁縫道具や素材がバランスよく混在して、なんとも居心地の良い暖かみのある空間となっていました。
「碧(あお)」という文字が好きだった、というのが作家名である「碧i(あおい)」の由来。
子どもの頃からお裁縫が好きだったこともあって、洋裁学校も卒業している鶴田さん。洋裁の教室は、以前からずっとやりたいと思っていたものの、家事や子育てに忙しかった頃は、趣味として自分が使う小物などを作っているだけでした。やがて子どもが成長して手がかからなくなり、自分の時間ができて念願の教室を開くことにしたのだとか。
現在は、ご自宅の離れとなっている建物で個人の教室を開いている以外にも、外部のカルチャースクールで3講座ほど持っており、洋裁の先生としてご活躍中です。
そしてその忙しい合間に、ご自身の作品を日々制作しています。これまでは山交百貨店の「手づくりフェア」へ出展したり、東京の雑貨屋さんへ作品を置いていたそうで、不定期の展示・販売をしてきました。
現在も、なかなかクラフトマーケットのようなイベントには参加する時間の余裕がなくて・・・とのことで、今回Sakka zullaで販売していただくことになりました。
素材もデザインも、使う人にやさしいものを
洋裁 碧i 作品鶴田さんの作品は、主に女性用の洋服や、ポーチ、ブックカバー、バッグインバッグ、バブーシュ、エプロンなど、日常生活の中で使い込める布小物を制作されています。特に洋服作りが一番好きで、得意としています。
基本的には綿や麻などの自然素材を使い、洋服ならお洗濯ができたり肌触りが良いものにしたいというのがこだわり。小物も、なるべくナチュラル素材にこだわっています。
素材に合わせて、デザインや色柄も、シンプルでアースカラーをベースとした作風のものが多く、洋服もゆったりとしたラインで、誰でも合わせやすい使い勝手の良さを目指しているそうです。
柄のある作品も、ちょっとレトロな小花模様など、どこか懐かしさとほっこりするようなかわいらしさを感じるものが目を引きました。
時には、この生地を作品に使いたいけど採算が合わなくなる・・・といった葛藤が問題にもなるそうですが、そういう悩みは素材にこだわっているからこそ。
生地の調達は、県内のお店や、ないものは通販で、と臨機応変にしているそうですが、実際に見て買いたいものがあれば、県外まで買い付けに行く事もあります。
現在はほぼ毎日が、制作や教室など、洋裁のことに時間を費やしているという鶴田さん。1日自分の制作が出来る日などは、うっかりすると作業に没頭するあまり、午前中から夕方まで休憩も忘れて作り続けてしまうんだとか。
洋服作りにおいて、一番面白みを感じるのはどんなところですか?と伺ってみたら、「洋服作りにはたくさんの工程があります。その工程や作業を、いかに最短で進めるかを考えるのがとても好きなんです」と、意外な答えがかえってきました。マニュアルにある基本的な工程を自分なりにアレンジしつつ、この順番で作業したら速くなるんじゃないか、こことここを一緒に仕上げれば効率良く進められるんじゃないか、と仕上がりまでの最短ルートを模索するのがとても楽しいのだそう。
仮に同じデザインの洋服を作るにしても、その度にもっと良い作り方がないかと考えるので、毎回違う作り方を楽しんでいます。
1から新しい作品を作るときにも、まず試作品を作ってみてあれこれと試行錯誤してから、まとめて何個かを仕上げる鶴田さん。その時も、スムーズに完成するよう工程を組み立てているようですね。作品を仕上げる過程を楽しんでいるのが伺えました。また、お会いした時のソフトな印象とは裏腹に、実に効率的にテキパキと制作されるんだなと少し驚きました。
そのように、工程を前もって整然と組み立てられるというのは、人に教えるという面でも活かされているのでしょうね。
お裁縫の楽しさを教えながら、自分も学べるのが洋裁教室の良さ
洋裁 碧i 作品鶴田さんが開講している「あおい洋裁」は現在週に2〜3回の頻度で行われています。1回のレッスンはおよそ3時間、生徒さんは1〜3名まで受講可能となっています。
生徒さんの作りたい物を、個別に指導している形になっていて、1日で作りきれないものはあらかじめ何回の受講が必要になるかの目安を教えてくれるそうです。女性の受講者が中心で年齢層は30代〜70代までと幅広く、若い人も多いとか。
自分一人で作るよりは、教える立場でもみんなで一緒に作業する、というのが楽しいですね、とおっしゃっていました。
また、自分にとって当たり前の作業や手順でも、初心者の生徒さんにとっては全く知らないことだったり、こういう所は次からこう教えた方がいいんだ、と新しい発見もあります。
どの生徒さんも不明な所はきちんと質問してくれるので、逆に勉強になりますね、とのこと。教える側としても日々ステップアップしていこうという意識が伺えました。
現在やっておられる洋裁教室でも未経験者の生徒さんはいらっしゃるようですが、今後もっと未経験者に特化した、入門編のような講座も開催してみたいですね、という鶴田さん。
「洋裁」というと敷居が高く感じてしまう人や、家にミシンがあるけど使っていない、という人のために「お裁縫って楽しいんだ」と実感してもらえるような、気軽な内容の講座をやってみたいそうです。
今でも一番心がけているのは、「生徒さんが洋裁を嫌いにならないように」ということ。難しいな、やっぱりできないな、と敬遠されないよう初心者や苦手意識のある方でも「自分にもできるんだ」と思ってもらいたい。例えば生地の裁断でちょっとミスをしても、やり直しや軌道修正はできる事、失敗を恐れる必要はない事を知ってもらえれば、もっと洋裁が楽しくなるはずです、とお話しくださいました。
現在、鶴田さんの教室では完全予約制となっていますが、個別に出張講座を行う事も可能。3名から受け付けているようですので、教室まで通えないけど誰かに教えてほしい、と思う方はブログ、SNS等から問い合わせてみてください。
また、鶴田さんの作品の一般販売はSakka zullaのみとなっておりますので、シンプルさが素敵な洋服や小物もぜひ使ってみてくださいね。
プロフィール
生涯学習インストラクター1級(洋裁・リフォーム・生涯学習)
2005年 「あおい洋裁教室」開始
綿・麻など、自然素材を使ったナチュラル服や小物を中心に制作しています。
洋裁 碧i(鶴田 久美子)
ブログ ♪〜あおい洋裁教室へようこそ〜♪ブログ あおい洋裁講座へようこそ〜FacebookページTwitter
「あおい洋裁教室」予約制。1〜3名の少人数制です。時間:13:00〜16:00。受講料:1回3,000円。その他、外部講座での講師もしております。個別出張も可能(3名ぐらいから)。教室についての詳細は、ブログやFacebook、Twitter等から直接お問い合わせください。
< 前のページ
次のページ >
10件 [ 1-10 ]

おすすめ商品