山梨県在住・出身のハンドメイド作家とその手作り作品・雑貨を日本全国に紹介・販売するサイト

特集 Vol.06【山梨のイベント】第5回「十猫十色」展

特集 Vol.06【山梨のイベント】第5回「十猫十色」展
十人十色といいますが…猫にもいろいろあるのです
Sakka zullaでは、山梨でのアート・クラフト系イベントや、作家さんのスクールや活動に関するあれこれをご紹介していきたいと思います。
特集第6回は、猫やとらじさんで開催された「第5回「十猫十色」展」のご紹介です。
猫やとらじさんは猫の魅力に捕われ、猫に雇われた店長が猫好きのために開いたお店です。
2013年2月までは甲斐市で営業をされていましたが、2013年7月8日より甲府市飯田の細い路地の先にひっそりと佇む隠れ家的なお店としてリニューアルしました。
取材に伺う際に、その路地に気がつかず行き過ぎてしまいました・・・。
特集 Vol.06【山梨のイベント】第5回「十猫十色」展
さて猫やとらじさんでは年間を通して様々なイベントをされています。今回の「十猫十色」展もその一つ。
今までは11月に開催してきましたが、今後は2月のこの時期に様々なワークショップやイベントと一緒に開催する方向で検討中です。
店内では山梨県在住の作家さんの猫作品を展示・販売しています。
十猫十色を始めるきっかけ
猫やとらじさんが「十猫十色」展に限らずイベントを始めようとしたのは猫で山梨県を少しでも盛り上げたいという気持ちからでした。
全国各地で行われている猫展というような展示会に、集まる猫好きさんたち。
少なからず、ここ山梨からもそういった展示会のために県外に出かけていく方もいるのではないか?
それを「十猫十色」展というかたちで県内だけでなく、県外からのお客様も視野に入れて山梨で開催しようと思いたったそうです。
そう思い至った時に、各地で開催されている猫展に出展されている有名な作家さんの作品を展示してもそれは、ただ・・・開催地が山梨になっただけの事では?
そうではなく、他とは違う何かを発信したいと思った時、山梨県在住の・・・と限定することを決められたそうです。
有名な作家さんもいると同時に、無名な作家さんも自分の作品を外に出せずにいる人もいるはず!
何かやってみたいけど、どうしていいかわからない作家さんもいるはず!
十猫はそういったものの括りはなく、みんな同じフィールドで作品を展示販売できる場でありたい!
との強い想いが伝わってきました。
そのコンセプトはSakka zullaにも共通するものがあり、猫やとらじさんにとても共感しました。
また、こういった取り組みの中で作家さん同士の刺激でもあり、次回は・・・という意気込みにも繋がっているのは確かと感じているそうです。
特集 Vol.06【山梨のイベント】第5回「十猫十色」展
そして、山梨県にこだわったことによって県外からいらっしゃる方には、ほかの猫展では決して目にすることのない作品に出会える楽しみが、県内のお客様には、山梨にこんな素敵な作家さんがいるんだという喜びが、どちらにしても、新鮮であるということが言えるのではないでしょうか。
今回で第5回を迎え第1回から、ずっと参加されている作家さんやこの場を、新作の発表の場としている作家さん、作家の入れ替わりももちろんある中、年々、参加人数も増えてきているそうです。
「ここに来れば、何か新しいモノと出会える、
いつか、自分もここに作品を並べたい・・・・などなど
そんな皆さんの思いを「猫やとらじ」は、ちょっとだけお手伝いができ、「猫やとらじ」から、新しい何かを発信できたらと思っています。」
と店長の保坂さんはおっしゃっていました。
こんなにも様々な表情を持つ猫雑貨が!
「十猫十色」展は初日からかなりのにぎわいでした。そして店内にいた皆さん猫飼い、または元猫飼い。いや、または猫の僕かもしれませんね。
みなさん思い思いにお気に入りの作家さんの作品を眺めながら、とても幸せそうな顔をしていました。猫の癒しパワー恐るべし、ですね。
今回参加されている作家さんは(順不同)仲田愛美・月猫・Mew & chuchu・コウノヒロミ・カズキチYa・アトリエmikiko・高灯あきら・マハリクきょうこ・Colorful8nch・sayoko・鈴屋工房・さざれのma・Sweet Heart・あんだんて・山田蒼岳・アンジェ・工房mo-mo 他となっています。
この「十猫十色」展はタイトルにもあるように、猫にもいろいろあるをテーマにしています。
「猫」と一言では言い表せない程の視点から創作された作家さんの作品は、どれもとても素敵でした。ちなみにこのイベントにはSakka zullaへも参加いただいているkororiさんもニャンコネックウォーマーを出品されています。(左上の写真)
特集 Vol.06【山梨のイベント】第5回「十猫十色」展
けなげに時に力強く生きている猫達に励まされる
猫やとらじさんには社長「とらじ」を筆頭に社員の「らい」「れん」「かいじ」がいます。
この日は「らい」と「かいじ」が接客中でした。二匹ともとても良い子で、初めて会った我々にもフレンドリーに接してくれました。
特にらい君は運動機能に障害があり、動くと体が揺れてうまく動けませんが、それでも一生懸命な姿をみると胸が熱くなります。
そんならい君を店長の保坂さんはとても優しい表情で見守っていました。十猫十色の意味にはどんな子でも可愛いという保坂さんの想いが込められているのだと思います。
この日は店名にもなっている「とらじ」社長には会えませんでしたが、次に訪れた時にはお会いしたいものです。
ところで一番右の写真には「かいじ」君がまるで置物のように写っています。わかりますか?
特集 Vol.06【山梨のイベント】第5回「十猫十色」展
現在も「十猫十色」展開催中
2月1日から始まった「十猫十色」展ですが2月23日(日)まで開催中です。 期間中は猫やとらじ2階にてワークショップなどもありますので、ぜひ足をお運びください。
詳細はFacebookやブログでご確認ください。
そしてあなただけのお気に入りの猫作品を探してくださいね。もちろん社長を始め社員も待っていますよ!
特集 Vol.06【山梨のイベント】第5回「十猫十色」展
猫やとらじ 第5回「十猫十色」展
「十猫十色」展は今後年1回、2月に開催していく予定です。詳細はFacebookページまたはブログでご確認ください。
Facebookブログ「猫やとらじ」の十猫十色