山梨県在住・出身のハンドメイド作家とその手作り作品・雑貨を日本全国に紹介・販売するサイト

特集 Vol.18【山梨のイベント】第8回 クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと@家具プラザコシイシ 2014.8.9-10

特集 Vol.18【山梨のイベント】第8回 クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと@家具プラザコシイシ 2014.8.9-10
甲斐市竜王の家具プラザコシイシで開催、クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと
Sakka zullaでは、山梨でのアート・クラフト系イベントや、作家さんのスクールや活動に関するあれこれをご紹介していきたいと思います。
特集第18回は、2014年8月9日・10日、甲斐市で開催された第8回 クラフト&ロハス市 はぴすまーけっとのご紹介です。
このイベントは毎回竜王にある家具プラザコシイシの駐車場の敷地で行われています。Sakka zullaでは9日に取材へ伺いました。
台風が近づいていたこの日、空にはどんよりとした雲が厚くかかって、風も少々でていました。
会場である家具プラザコシイシへ到着したのは、オープンの少し前。
出店者のみなさんは天気を気にしつつも、準備に追われていそがしそうです。誰しもがこのまま天気がもってくれるように、と願っていたのではないでしょうか。
そしてスタートの15:30、なんとか雨にはならずに、はぴすまーけっとがオープンしました。最初は駐車場に少し余裕がありましたが、徐々に客足が増えていき駐車場はあっというまに埋まっていきます。
夏休みまっただ中、土日ということもあって、多いのはやはり家族連れ・子ども連れのお客さんでした。
また、会場の家具プラザコシイシではこの日からセールも開催。Sakka zullaスタッフもちょこっと店内をまわらせてもらいましたが、素敵な家具や雑貨など、ほりだしものがたくさんありました。
最初ははぴすまーけっと目当てでやって来て、ついでに家具やインテリア雑貨を見ていく人も、逆に家具を見にきたついでにイベントに立ち寄る人も。双方が互いにお客さんを呼び合え、お客さんも一度で二度楽しめる会場となっていました。
特集 Vol.18【山梨のイベント】第8回 クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと@家具プラザコシイシ 2014.8.9-10
ショッピングや飲食はもちろん、子どもに嬉しいワークショップも
8/9の出店は、飲食で7店、物販が9店、ワークショップ(販売もあり)が7店の計23店が参加。8/10は飲食で9店、物販が7店、ワークショップが8店となっていたようです。
Sakka zullaからは、nacocoさんが参加されており、特集第6回「十猫十色展」で取材させていただいた猫やとらじさんもいらっしゃいました。
また8/10にはアキバコさんのライブもありました。ライブの様子を取材できず残念でしたが、素敵なステージとなったのではないでしょうか。
会場は大きくわけて、飲食系のテントと、販売・ワークショップ系のテントと別れており、飲食とショッピングをそれぞれ別で楽しむ空間になっていました。
飲食系のテント側には、テーブル・椅子も用意されていたので、買ったものを座ってのんびりと食べることもできます。
フードは焼きそばやピザなどがっつりとおなかにたまるものから、玄米や天然酵母をつかったカラダに優しいパン、またはベーグルやシフォンケーキ、焼き菓子などのスイーツまで、どれも丁寧に手づくりされたおいしそうなものが並びます。
特集 Vol.18【山梨のイベント】第8回 クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと@家具プラザコシイシ 2014.8.9-10
物販のショップの方では、ハンドメイドの洋服やアクセサリー、雑貨などはもちろんのこと、古道具やとれたて野菜・お茶なども売っていて、さまざまな年齢層の方が気になるお店に足をとめていました。 主催の宮下さんのなるべく販売されるものが同じにならないようにとの配慮で、それぞれのお店の個性が際立ったアイテムばかりで見ていて飽きません。アクセサリーとひとことで言っても、作っている作家さんごとに使う素材もデザインもまったく違うので、目移りしてしまいそう。
特集 Vol.18【山梨のイベント】第8回 クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと@家具プラザコシイシ 2014.8.9-10
特集 Vol.18【山梨のイベント】第8回 クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと@家具プラザコシイシ 2014.8.9-10
そしてワークショップでは、子どもたちが楽しめる内容が多く目につきました。
ポリマークレイやプラスチックのパーツを使ったアクセサリーづくりや、キッズボディージュエリーは小学生の女の子たちに大人気。ママにも嬉しいハンドマッサージなんかもありました。
チョークアートやせっけんづくり、シルクスクリーンでつくるエコバッグなども、夏休みの思い出として素敵な体験だったのでは。
そして子どもたちにひときわ人気があったのは、わたがしです。綺麗なブルーのわたがしを、その場でつくって渡してくれます。わたがしそのものはもちろんですが、持ち込まれていたわたがし機にみんな興味津々。
わたがし機に割り箸をいれて回すと、いつのまにかふわふわの綿がからみついていく様子を、たくさんのこどもたちが囲んで楽しそうに見ていました。
特集 Vol.18【山梨のイベント】第8回 クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと@家具プラザコシイシ 2014.8.9-10
参加者同士のつながりで作り上げる、ハッピー+スマイルなイベントに
当日は進行や天候への対応でお忙しそうでしたので、後日イベントの主催である宮下さんが開いているお店Slow_Life012へお邪魔して、お話を伺いました。
もともとお客さんとして家具プラザコシイシと交流があった宮下さん。家具プラザコシイシで開催していた夜祭りが終了になるときに、宮下さんが雑貨屋をされていることを知ったお店の方が、「場所を貸すからなにかイベントをやってみては?」という話を持ちかけたそうです。そして引き継いだイベントが、はぴすまーけっとの始まりでした。
「ハッピー」と「スマイル」を略して「はぴすまーけっと」。出店者も来場者もみんなが気軽に楽しめるイメージを持てるように、ということで仲間内で話し合って命名されました。
イベントのスタートは2011年3月12・13日が第1回。震災の翌日で、いろいろなイベントが中止になる中、参加できる人だけでも集まろう、とイベント決行。10数時間をかけて県外からわざわざ来てくれた出店者の方もいました。たびたびの余震に揺られながらでしたが、お客さんも予想以上に来場。震災で家にいるのも不安な中、少しでも気が紛らわせられる、人とふれあえる場となったようです。
それからは、基本的に春と夏の年2回の開催で回数を重ねていき、今回が8回目となりました。はぴすまーけっとの出店者は基本的には宮下さんとつながりのある作家さんや飲食店の方が中心となっています。
確かにイベント中は、出店者の方々がみなさん仲が良さそうで、ところどころで声をかけあっている様子が伺え、みんなで協力してイベントを作り上げている印象でした。
今後も、周りの人たちと協力して無理のない範囲でイベントを続けていければ、とのこと。みなさんもぜひ一度遊びにいってみてください。
特集 Vol.18【山梨のイベント】第8回 クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと@家具プラザコシイシ 2014.8.9-10
雑貨屋Slow_Life012は、甲府市青葉町にある洋服やファッション小物を多く扱っている雑貨屋さん。ご自宅のお庭にある小さな可愛らしいお店です。宮下さんが直接買い付けている商品と、何名かの作家さんの作品を置いてあります。
取材中もちょこちょこと人が訪れ、どなたも宮下さんととても仲が良さそうでアットホームな雰囲気でした。
いいものをなるべくリーズナブルに、という気持ちで販売されているのでお値打ちなアイテムがきっと見つかるはず♪センスのよい素敵な洋服や小物が並ぶ店内は見ているだけでもとても楽しいお店ですので、こちらもぜひ訪れてみてくださいね。
特集 Vol.18【山梨のイベント】第8回 クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと@家具プラザコシイシ 2014.8.9-10
クラフト&ロハス市 はぴすまーけっと
開催日時などの情報は、Slow_Lifeのブログ・Facebookをご覧ください。
ブログ Slow_Life012
Facebook