山梨県在住・出身のハンドメイド作家とその手作り作品・雑貨を日本全国に紹介・販売するサイト

特集 Vol.28【山梨の展示会】オカユキコ「アレックス・ワイルズとオカユキコのMIXED-MEDIA展」2016.4.30〜5.1

特集 Vol.28【山梨の展示会】オカユキコ「アレックス・ワイルズとオカユキコのMIXED-MEDIA展」2016.4.30〜5.1
色々な素材を使った彫刻・抽象画「アレックス・ワイルズとオカユキコのMIXED-MEDIA展」
特集第28回は、2016年4月30日〜5月1日の期間、甲府市中央のcafe & gallery富雪にて開催された、オカユキコさん「アレックス・ワイルズとオカユキコのMIXED-MEDIA展」のご紹介です。
今回はオカユキコさんと、ご主人であるアレックス・ワイルズ氏との二人展。アメリカから山梨へと移住してきてから、県内では初の作品展示会となります。
ワイルズ氏は彫刻、その他ミクストメディア作品はオカユキコさんが制作。
当初はオカユキコさんのみの個展の予定だったそうですが、彫刻家であるワイルズ氏の希望もあって二人展になったとのこと。
取材に伺ったのは、展示会前日の午後。会期中は人の出入りもあってお忙しいかと思い、前乗りでお話を伺わせていただくことにしました。
展示されていたのは、Sakka zullaにも出展していただいているSPACIMENシリーズなどを始めとしたミクストメディア作品の数々。ワイルズ氏との彫刻とともに空間を生かして美しく、そして静かに並んでいました。
手作りのポットマットもずらりと壁に並ぶと、それだけでアート作品のようです。
元々オカユキコさんのお宅は築150年を超える古民家。そこはギャラリーのように作品が飾られていたのですが、同じく古民家を改装したカフェである富雪への展示は、とてもしっくりとなじんでいるように感じられました。
特集 Vol.28【山梨の展示会】オカユキコ「アレックス・ワイルズとオカユキコのMIXED-MEDIA展」2016.4.30〜5.1
「異素材」をテーマに、素材×素材×素材×・・・の、新しい魅力を発見
お二人の作品の特徴は、1つの作品に複数の素材を使っていること。
木・硝子・鉄・真鍮・錫・蜜蝋・布・紙・・・と、どんな作品も最低2種類以上の素材を組み合わせて制作されています。
もちろん展示会のテーマも「異素材」。素材と素材を掛け合わせることで、それぞれの魅力を引き出すオカユキコさんの作品。
大きな額に入った作品も、小さなオブジェも、一見非常によくまとまった物静かな印象を与えてくれます。
しかしその中には、柔らかさと堅さ、冷たさと暖かさが入り交じった複雑な感覚も。それこそが、手触りも熱も組成も異なる素材同士が隣に居合わせているから。
この作品には何が使われているのだろう、とじっくり見るのも楽しいです。
特集 Vol.28【山梨の展示会】オカユキコ「アレックス・ワイルズとオカユキコのMIXED-MEDIA展」2016.4.30〜5.1
最近のオカユキコさんの作品で、新たに気になっている素材は「糸」。
これまでも作品の中に糸を使っていましたが、それは作品の中で「線」を描くために黒い糸を使っていたそう。
しかし取材時に製作中だった作品に使われているのは、太さと材質の違う白い糸。作品の輪郭を描くというよりは、糸の素材感や雰囲気を作品に取り込みたかったとのこと。
そしてその「糸」を主役にした新作は、未完成の状態で展示されていました。
「繭(Cocoon)」と名付けられたその新作は、絵画の上に二種類の糸が幾何学的に交錯しています。
取材時のオカユキコさんいわく「展示会中に完成する“可能性”があります」とのことでした。製作中なので、作品からは糸玉とハサミがぶらさがっていたのですが、なんだかその雰囲気も作品の一部のようで素敵。
完成したらぜひ見せてください、とお願いしてきましたよ。
特集 Vol.28【山梨の展示会】オカユキコ「アレックス・ワイルズとオカユキコのMIXED-MEDIA展」2016.4.30〜5.1
そしてもう1人のアーティスト、ワイルズ氏の彫刻は、ベースが木材でそこに革や鉄などを組み合わせた独特の風合いが印象的。
取材時にはご不在でしたので、奥様であるオカユキコさんからみたワイルズ氏の彫刻作品の特徴を伺ってみますと、「スムーズな曲線」へのこだわりが見られるとのこと。だけど、最初から考えて作っているわけではなく、作りながら思いつきで色々細工を施し、完成にたどり着いているみたいですよ、とオカユキコさん。
完成した作品を見て、曲線の中にアクセントとして出現する直線、そのコントラストを求めているんだと感じます、とお話しくださいました。
今回展示されていたのは女性像が3体でしたが、いずれも非常に滑らかなカーブを描いた身体に、無数の杭や硬質なラインの衣服を纏わせていたりと、異なる素材と、異なる輪郭とが見る者の目を奪います。
特集 Vol.28【山梨の展示会】オカユキコ「アレックス・ワイルズとオカユキコのMIXED-MEDIA展」2016.4.30〜5.1
それぞれ違った作風のお二人の作品でしたが、同じ空間に展示されていると不思議な調和を生み出している、そんな印象を受けました。これも「異素材」の魅力のひとつと言えるのかもしれませんね。
今回の展示会では、作品のみならず、ポットマット・ポストカードも販売されていました。
今後もまた展示会を行うこともあると思いますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。
特集 Vol.28【山梨の展示会】オカユキコ「アレックス・ワイルズとオカユキコのMIXED-MEDIA展」2016.4.30〜5.1
作家 オカユキコの情報はこちらから >>
ブログ オカユキコ「アレックス・ワイルズとオカユキコのMIXED-MEDIA展」